FC2ブログ

落語動画まとめサイト

無料落語動画を紹介。ニコニコ動画 YouTube

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

桂枝雀     饅頭こわい

まんじゅうこわいは、落語の演目の一つ。落語の中では「寿限無」や「目黒のさんま」に並ぶ有名な噺。笑府からの引用と思われる。 東京では前座噺の一つに数えられるが、5代目柳家小さん・3代目桂三木助の得意演目でもあり、上方ではこの噺は4代目桂米團治が演じていたものが3代目桂米朝、3代目桂米之助、6代目笑福亭松鶴に伝わり十八番にした。その後は多くの噺家が演じるようになった。 東西での違い 上方版では好きと嫌いなものの件から、狐に化かされる男の話、老人の若い頃の怪談噺を経て、ようやく饅頭が嫌いな男が登場する演出で、たっぷり演じると30分以上もかかり、大ネタとされる。 狐の件りは東京では「九郎蔵狐」の題で独立して演じられる。老人の怪談の舞台である大阪・東横堀川の安堂寺橋付近は、江戸時代には自殺の名所として知られていた wikiより
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/10/24 13:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

演目 目次
演目を検索する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。